山の日という祝日が今年から始まった。その言葉が示す通り、僕らはいつも力を貸してくれる山を祝うべく東京、奥多摩までやってきた。

今回一緒に行った田平とは俗に言う”山友”という関係だ。お互いに山に挑戦して打ち勝ちたい、山に包み込まれ癒やされたい。そんなときにお互い誘い合っている。3年前に神奈川の丹沢を登ったことはまだ記憶に新しく、海外で過ごしている間もヒマラヤのアンナプルナを登ってきた私はすっかり山の虜になっていた。

東京から2時間、青梅街道や中央自動車道は非常に混んでいた。懐かしい武蔵五日市駅が見えてきた。ここはよく大学生が新歓合宿をすることで有名で、たくさんの思い出がある。

さらにそこから30分ほど山道を進み、僕らは三頭山の入り口についた。1500mほどの小さな山だ。天気は晴天。に程遠い曇り。どこをどう見ても曇り。疑うべき余地のないほどの曇りだった。全国の山の日を信じて登山をした山友の期待を大きく裏切る日となってしまった。

IMG_20160811_114119

IMG_20160811_114428

IMG_20160811_114541



東京の騒音から離れ、山を祝福するためにここに来た。僕らは静かにリッスン。

IMG_20160811_115412



道中はなかなか険しい。

IMG_20160811_115620

IMG_20160811_121121



途中の川ではしゃいでしまう。沢はいつだって気持ちが良い。

14011904_833027293500914_1573069292_n

13989652_833027236834253_1777142840_n



ここでもう一度リッスン。

14012271_833027263500917_1605150096_n



なかなか危険な道もある。

IMG_20160811_123557

IMG_20160811_133318



蜘蛛の糸が露にぬれきらきら輝いている。

13957470_833027350167575_1064398178_n

14009957_833027313500912_354045798_n



葉っぱの匂いをクンクン。

13989532_833027320167578_1284009215_n

13988640_833027270167583_1123467213_n



2時間ほどで頂上についた。フォトショで加工してあるが、想像以上に曇り。だから景色の写真は一枚も撮ってない。

IMG_20160811_120733

IMG_20160811_141121



頂上ではだいきが握ってきたおにぎりを食べた。中身のないおにぎりは頂上で食べてもやっぱりおいしくなかった。

IMG_20160811_130526



帰りには滝があり、静かで綺麗な滝だった。

IMG_20160811_140151

IMG_20160811_135933


山の日。日帰りの弾丸旅行ではあったが、軽く散歩にくるかのように祝うことができた。僕らは山の日に本当の男になった。念願のYAMAOTOKOになれたんだ。