市民プールでバシャバシャ泳ぐ。事業の進捗メモ

今週のハイライト3つ。

プール

昨日はちょっと暑かったからインドの市民プールで泳いできた。一回200Rsでなかなか高いし、月会員でも2400Rs。さらにコーチをつけると、1.5倍になる。僕は2年前から通っていて、一昨年は行ってなかった。2年前は会員費も1500Rsだったし、実際に利用してる人も1レーンに1-2人程度だったのが、今では2400Rsに値上がりし、1レーンに7-8人は増えていた。

これがインドの経済成長だ。たった2年の間にプールサイドのベンチには中間層の教育ママで埋め尽くされており、グルガオンの私立スクールに通っているであろうヤングが英語でコーチの指導を受けている。プールの売上は単価1.5倍*客数*4倍で2年間で6倍近くに増加しているのだ。もちろんコストはほぼ変わっていない。(人件費は2年間で20%程度増加した。)

今インドではマーケットプロダクトフィットさえしてしまえば後は勝手に伸びる。実際にMISAOの言語学習事業もQonQで200%近い成長をしている。日本語はもうずっと伸びるので、中国語を展開することにもした。

VALU

最近、話題のVALUを1週間だけやってみた。保有しているリップルを10万円分ビットコインに換え、VALUに送金。その日のうちに3万円分*3人に投資してみた。

Aさん:3万>5万 売却済み
Bさん:3万>4万 売却済み
Cさん:3万>20万 3万分売却済み

投資分は回収して+VALU内で含み益15万程度ある状況。※流動性が低くて売れない

VALU上には簡単にいえば、お金を受け取る人とお金を投資する人がいる。お金=BTC
でも今は自分の優待というほぼ無価値(95%のユーザーは設定すらしてないとか相談とかそんなのばっか笑)なもので受け取ろうとする人が増えてきてて投資する人が全然増えていない感じがするかな。だから全体としてパイの奪い合いになってるし、この一週間で下げトレンド。

ブロガーを中心に持ち合い化、テクニックの商材化、ファンからの集金待ちという構図が成り立ちつつあって、投資家とか小金持ちは嫌う場になってる気がする。個人的にはもう厳しいと思う。

新規事業

MISAOは英語の語学留学で始まって、英語だけじゃなくてインターン、ITといろいろな留学の形を提供してた。
そこからインド人向けに日本語を教えるようになってグルガオンで一番の学校になってきた。次はニーズが多い中国語を教える。さらにインド人向けにも英語、ITをクラスを展開していく予定だ。グルガオンだけでなく隣のウッタル・プラデーシュには2億人いるのでそこにスクール展開またはオンライン展開も検討している。日本語人材は日系企業や日本で働きたいし、日本人の生徒もインドに就職したい人も増えてきたから就職関連の事業も開始している。ポートフォリオは下記のようになる。

1.日本人向け留学事業
-英語
-IT
-インターン
-ヨガ
2.インド人向け教育事業
-日本語
-中国語
-英語
-オンライン
3.就職/採用支援事業
-日本人インド就職支援
-インド人日系企業就職支援
-インド人エンジニア日本の企業就職支援

まだスタートしたばかりのもあるが、アッパーは各200万円-400万円/月ぐらい。利益率は非常に高い。これを日本人社員2名+インターン1名で今運用しているのはなかなかしんどい。採用中なので学生、新卒、現採、中途問わず採用している。kota@misao.asiaに連絡ください。今年中に1億の大台に乗りたいし、GDPが10年で2-3倍ぐらいになるはずなので市場の成長倍数*僕らの努力倍数でまだまだ何倍にもなる。これが次の世界の中心インド。

最近事業の基準は小さくても必ず勝てる(勝率が80%程度)ビジネスを確実に作っていくというやり方をしている。あとはインドという国にまかせて大きくなる作戦だ。日本語学習という小さなマーケットでもお問い合わせは数百件、首都圏では数千件あるのだ。これが人口パワー。

個人的な勉強

7月:wpでインド就職のサイトを作ったり、既存サイトの改善めっちゃしたり。
https://misao-recruiting.com/
8月:Railsでオンラインサイトを微修正
http://misao.co/
9月:Androidでグルガオンに特化したデーティングアプリを作る予定
インド人生徒がみんなTinderじゃ会えないよっていうからpairsのUIとかシステム見せたらこれは最高だってみんな言うからね。

10月以後は早くハードをやれるようにしようと思ってる。最近、毎日VR見てるのでVR系もやってみたい。DMMのVRが見れないのどうなってんだよだいき。