人生は長い。本当に長い。

楽しいことも、辛いこともたくさん経験しているのまだまだある。20代はなかなか刺激的な生活を送っているのではと思っている。20代にしかできないことの一つに”30代になるための準備”がある。1年後にはもう30歳だ。25歳のときに考えていた理想の30歳になれてるのかな。

20代で基準ができる。仕事、恋愛、お金、健康、友人関係、趣味など20代での過ごし方(働きだしてからの環境変化)で決定される。

20代にしてすでに友達減少している人は、今後の人生ずっと友達が減っていくだろう。
20代で趣味に時間を使えない人は、30代になっても変わらない。
20代で必死で仕事しないやつに、チャンスを降ってこない。
20代で金の稼ぎ方と増やし方をしらないと、金持ちにはなれない。

そして、20代で不健康なやつは、その後の人生ずっと不健康のままだろう。

不摂生な20代

ちょっと記憶があいまいだが、だいたい下記みたいになる。ちなみに身長は180cmで、健康的な体重は70kg前後。

21歳:80kg  大学
22歳:85kg  大学
23歳:90kg  SRI
24歳:95kg  SRI
25歳:90kg インド
26歳:80kg タイ 第一回ダイエット
27歳:90kg 日本 
28歳:75kg インド 第二回ダイエット

これに加え、ビール、タバコ、ハードワーク、睡眠不調、運動不足、極度の偏食。それでも一度も大きな病気になることなかったから不思議。20代補正がかかっていた。それにしても、1/5こうたがどこかに消えたと思うと、ダイエットに感動する。

世田谷女子を超えろ

まず食事は2つの要素に分けて考えていこう。エンターテイメントとしての食と栄養摂取としての食。これらを完璧に切り分けることがまずは重要である。デート中に糖質制限してるから相手だけにパスタやケーキを食べさせる男ほどださいものはない。後輩と焼肉行って、ビールを飲まないのも、ホルモンなどの脂質を避けるのもナンセンスである。食のエンターテイメントは最大限に楽しんでこそエンターテイメントであるんだ。

一方で毎日なんとなく食べている食事はだいたいが”作業”なのではないだろうか。そこは栄養摂取と割り切ろう。このエンタメと栄養摂取の比率は人によって異なるがぼくの場合は日本ではエンタメ6:4栄養摂取で、海外では2エンタメ:8栄養摂取という比率になる。

本日のディナー! #人生最後のダイエット #70kgまであと3kg

A post shared by kota saito (@saitokota) on

これらを徹底的に健康的だと言われている食べ物で埋めている。栄養の知識も偏っているし、料理なんて面倒だから、いかに時短で工数の少ない料理を作れるか、どうすれば栄養素を効率よく摂取できるのか、これらが非常に重要になる。まずは、以下の食べ物を常に揃えておくから始めよう。

・チキン
・魚
・卵
・ブロッコリー
・ほうれんそう
・トマト
・りんご
・ナッツ全般
・はちみつ
・ヨーグルト

この10個を主軸にしながら1日の献立を決める。一日4食、一回200-500kcalを目指す。僕の場合は朝にナッツ、ヨーグルト、お昼にフルーツ、間食でサラダ、ディナーと続く。これで一日1500kcal-2000kcalという計算をしている。これで栄養摂取は完璧だ。あとは各自、サプリやサポートフードで補給すればいい。インドで牛肉や魚はなかなか食べれないので、カルニチンや必須アミノ酸などは錠剤やチアシードなどでカバーしている。

チアシード購入! #ナッツマイスター #カシュー君美味しい

A post shared by kota saito (@saitokota) on

日本に住んでたときは魚中心にして、海藻(ひじき大好物♡)、大豆(納豆、豆腐)でサポートする最強の布陣を取れたが、野菜が高いのが課題だった。インドでは低価格な野菜、フルーツ、ナッツを中心にすることで植物系人材になろうとしている。フシギバナのように。

さらに食べたものは毎日、記録し、なんとなくでいいからカロリーも書いておく、これはすでに3年間ぐらい続けてる。ちなみに昨年度の9月27日に食べたものは昼にステーキバーグ(渋谷のいきなりステーキ)、夜におでん、さばのみりんぼし、納豆を書いてあった。誰とどんなシチュエーションで食べたかどうかまだはっきり思い出せる。

初めての高校部活

僕は高校部活をしていない。部活は1年生の夏に辞め依頼、バイト、彼女、友人たちとバランスよく放課後を楽しむリア充高校ライフを選択した。だから、朝練とかもしたことないし。走り込み経験もほとんどない。ましてやフルタイムでサッカーの試合をするなんて中学生以来なので15年ぶりだ。

まずはだまって走れ

まず朝7時に起きる。そして走る。ストレッチと体幹で30分程度、ランニングで30分程度、時速10km平均としてだいたい5kmを目安に走る。これを毎日やりたい。やれないんだよね。今は週3,4回程度しかできていない。高校部活だったら間違いなくよくサボるやつに認定される。

スポーツ漫画は大好きだ。最近だと、アオアシやダイヤのエースを読んだ。みんな走りすぎててうける。最初から最後まで走る。でも、結局、高校スポーツはだいたい走れるチームが勝つ。それが事実。

いつか”ボディメイキング”とggったことがあるが、その記事ではこう書かれてた。
“体脂肪率が20%以上ある人はボディメイキングとか無理なので、まずだまって走っててください。豚以下です。”
豚の体脂肪率は14%-18%らしい。そう。僕は豚だった。

テストステロン先輩との出会い

Twitterでテストステロン先輩という方がいる。僕は彼を師匠だ。

筋トレはしっかりスケジュールを組んでやりたい。
上半身の日:ベンチプレス、ショルダープレス、アームカール、ラットプル、ケーブルクロスオーバー あたり
下半身の日:スクワット、ランジ、スクワァーット!ランジィィィッ!
体幹の日:サーキット、腹筋、TRXメニュー あたり

ベンチ60kg 自重は上げたい

A post shared by kota saito (@saitokota) on

1時間程度で問題ない、オフィスから徒歩1分のジムにはインドマッチョがゴリゴリいる。多分僕が一番細いぐらい。トレーナーさんたちはゴリマッチョ、細マッチョ、美マッチョ、ソフトマッチョとマッチョオールスターズが勢揃いだ。

「Hi. Takeru!!」

といつも名前を間違えてくるが憎めない良い笑顔をしてる。さらにジムには盟友Devenderが君臨している。ベンチは120kg上げ、戦車のようなシルエットから容易に想像できる隆起した胸筋、元カノの太ももより太い豪腕。彼には逞しいという言葉をプレゼントしよう。

サッカーくそ楽しくてやばい…

フットサル楽しいなー

A post shared by takeru takaoka (@takeru_0603) on

サッカーはもともと大好きだ。15歳までは結構真剣にやっていたし、若い頃は県選抜なんかにも選ばれていた。見るのもずっと好きでなんだかんだワールドカップは毎回大騒ぎしてるし、チャンピオンズリーグなんかもぼちぼち追ってた。高校生になってからは年に1,2回フットサルをやるかどうかという生活を10年ぐらい。

28歳にしてサッカーの楽しさに目覚めてしまった俺は、高校生活部活にコミットしなかったことに後悔すらした。それぐらい楽しい。
サッカーのために大好きなタバコもやめた。20代でしかできないことを今考えてみると真っ先に思いつくのがこの”真剣なスポーツ”だと言い切れるだろう。

坊主×ユニフォーム=青春時代

A post shared by kota saito (@saitokota) on

今はデリー周辺の日本人駐在員チーム(20代-40代)に所属している、ポジションはボランチだ。リーグ戦に参加し、全12チームぐらい?ある仲で今シーズンは2位となった。

コンクリートが溶けるインドの灼熱の中で、広大な芝に敷かれた白線。
坊主頭には汗が滴り落ちる。
掻き立てられる。

10年越しの青春。